10月12日

スペイン人が初めてアメリカ大陸に到達した1492年10月12日。
この日からアメリカ大陸で生活していたいくつもの民族の苦難の歴史が始まった。

今年コロンビア、カウカ県では、10月12日よりおよそ30000人の先住民族が3日間をかけ国内第2の都市カリ市まで行進をした。

DSC_0452_convert_20091125122303.jpg

DSC_0335_convert_20091125114919.jpg

DSC_0210_convert_20091125122102.jpg

DSC_8406_convert_20091125120252.jpg


またコロンビア西北部のチョコ県からも1週間をかけ先住民族、アフロコロンビア人がカリへ行進した


DSC_7777_convert_20091125121642.jpg

DSC_7793_convert_20091125121250.jpg

15日夜、カリ市内のスタジアムに到着するチョコの人たちを、カウカの人たちが迎えた。熱気に胸が高鳴り、熱いものがこみあげてきた。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。