日記 4月18日

_DSC539.jpg

九州での地震のニュースを、1日遅れでネットで知った。

5年前の震災で、僕は直接大きな被害を被ったわけではない。それでも大きな揺れや、目にした映像を思い出し、パソコンの画面に映る九州の被災状況の写真を見て息が荒くなった。まだ直接お会いしたことはないが、共通の知人が複数いることからSNSでやりとりがあった方が、大きな被害が出た町に住んでいる。SNSの更新が止まっていて心配が高まった。数日して無事でいらっしゃることがわかり、安心した。

場所が変わって、エクアドルでも大きな地震があった。その時僕は、コロンビア南部の標高3000mほどのところにあるヤナコナ民族が暮らす小さな町にいた。二つの川に囲まれた切り立った丘の上にある。後ろには標高4580mの火山Sotaraがそびえ、冷たい風が朝晩吹き降ろしてくる。

泊めてもらっていた知人の家で、晩御飯を食べている時だった。天井に吊ってある人形が小さく揺れ、窓がわずかに音を立てた。僕は全くわからなかったが、家の人たちが揺れに気づいて外に出た。「揺れてるぞー!」と、揺れの小ささに比べて大袈裟な驚きようにおかしさを感じた。

2階にテレビを見に行った父親からエクアドルで被害が出ていることを聞いた。
食事の後、インターネットを置いている自転車屋でその被害を見た。エクアドルの知人と連絡を取る。首都でもかなり大きな揺れだったようだが、無事だった。

こちらも被害が広がっている。





関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)