日記 2月21日

1日アルタケルですごす。
フベナルさん夫妻の古い写真発見。これは貴重だ。

昔話。

「昔のグアラーポ(サトウキビの発酵酒)は大木をくり抜いたものに絞り汁をためて発酵させた。今はプラスチックの容器で作るが、どうも発酵が良くない。味も良くないし、腹を壊すこともある。昔のミンガ(地域の恊働作業)の時は、大量のチチャ(トウモロコシのジュース)やグアラーポを作って昼飯代わりにそれを飲みながら仕事をした。力がわいてくるんだ。腹なんか全然すかなくてな。夕方になるとみんな酔っぱらって来てそのまま寝転んでるのもいたな。」

山を歩くときに焼酎を飲むと力が出る、というのは、この時代のことが元になっているのかもしれない。
焼酎を飲むと力が出るというより酔っぱらっちゃってしょうがない気がするのだけれど。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。