出発の前の日

  • Day:2016.02.02 01:19
  • Cat:日記
明日(もう日付が変わってしまったから今日。。)は出発の日。
一年ぶりのコロンビア。今回は、3月23日という日程が出ているFARCと政府の和平合意に合わせての渡航。去年の10月に、半年以内に結論が出るという話が出ていて、いつどのタイミングで行くのが良いのか悩んだ。悩んだのだが、結局資金がたまらず、今のタイミングでしか行けなかったのだから、結果オーライ。そんな事はあまり言わない方が良いのかもしれない。

まずはボゴタに入るのだけれど、気分としては、今回の旅はエクアドルからの気持ちでいる。カリによったら早めにエクアドルいこう。
エクアドルでは、ここまで関わってきた難民の人たちにまず会いにいこうと思う。故郷を離れて10年〜15年。自分たちの意志と関係のない理由で土地を離れ、そして今、自分たちの意思の届かない所で戦争が終わる。「あの日の事は忘れない」。エクアドルへ渡った日の事をそれ以上語らない彼にとって、この戦争は何だったのか。

あ、ホセさんへと預かっているお金が33万円。重要な任務。ドルに両替して現地でペソに替える。そして、コミュニティーへ贈呈。なるべく厳かに渡したいところ。

これまでの人の縁を旅しようと思っている。急がしいそうなあの方々にも連絡済み。
ただ肝心のホセさんが何回かけても電話が繋がらない。しょうがない。

明日は17時の飛行機。家を昼くらいに出れば良いか。
それまでに、処理しきれてないもろもろを片付けねば。
借りて見てないDVDは果たして見れるのか。



先日、講義をさせていただいた阪南大学のホームページに、そのときの様子が記事になっています。
お招きいただきありがとうございました。

http://www.hannan-u.ac.jp/doctor/moriya/mrrf4300000261mq.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。