コロンビア先住民族-4

4・尊厳のための戦い -「種をまく活動」


二〇〇七年十一月二十二日の夕方、カウカ県のトエスというナサ族のコミュニティーに、カウカ県の北部に暮らす先住民族が集まった。目的はコミュニティーから二、三キロほど南に位置する大農場に侵入し、そこで栽培されているサトウキビを引き抜き、先住民族にとって主要な作物であるトウモロコシやフリホール(豆)、プラタノ(バナナ)の種を蒔くことだ。
 日が暮れる前にあたりを見渡すことができそうな小高い丘に登った。トエスは肥沃なバジェ平原の東端にある。コミュニティーの背後から奥深くせせり立つ中央アンデスの山並みが、平原へと沈んでゆく夕日によって赤く染められていた。目の前の平原に明日向かう農場はある。

 この日は簡単な打ち合わせの後、コミュニティーごとに持ち寄った食材を炊き出し夕食を済ませ、学校の教室やテントで眠りについた。
 翌日は朝六時頃目を覚ます。同行しているグループの人達と近くを流れる川で水を浴びた。寝起きのボーっとした頭に冷たい水が心地よい。朝飯は山盛りのご飯に揚げたプラタノ、刻んだネギと卵の炒め物。質素だが大勢で食べるご飯はとてもうまい。これから行動を起こすとは思えない和やかな雰囲気だ。午前中に始まる全体集会も一時間遅れて始まる。
 集会の後は、コミュニティーごとに農場の前を通る幹線道路を封鎖するグループと農場内に侵入するグループの二班に分けられる。この頃から次第に皆の空気が変わっていった。
 今回の行動では警官隊との衝突が予想される。怪我人、死者が出る可能性もある。実際過去に行われた同様の行動では、警官隊との衝突により多数の負傷者や死者が出ている。
 準備が進むにつれ緊張感が増していくのが感じられる。催涙ガスを中和するためのレモンを木からもぎ取る、ペットボトルを改良したガスマスクをチェックする、マチェテ(鉈)で切った木の形を整えシンボルのバストン(杖)を作る、トウモロコシの粉を炒った黄な粉のような物や、パネラ(ブロック状の黒砂糖)を砕いて携帯用の食料をを用意する―。農場で日が暮れてしまったときに仲間同士を確認するための合言葉がナサ族の言葉から用いられ、リーダーから伝えられる。医療班はトエスに残り不測の事態に備えている。
 
 昼食後行動が開始される。私は農場へ向かう班に同行する。幹線道路の封鎖に向かう友人の男性と別れ際に抱き合い、硬く握手を交わした。そこにいる人間たちの間には、私がこれまで感じたことのない強い一体感が生まれていた。
 農場へのルートは、幹線道路を使わず山道を大きく迂回して行く。獣道を走るように一列で進む。山での生活で鍛えられた彼らの足には付いて行くのがやっとだ。昨夜降った雨のせいでぬかるんだ地面に何度も足を取られそうになる。農場へは幹線道路を使えば二十分程度の距離だが倍以上の時間がかかった。
 農場を囲む鉄線を切断し中へと入る。目の前が一気に広がる。だだっ広い空間に居場所の定まらない不安感を覚える。皆無言である。トエスを出発したとき晴れ渡っていた空が、今は嘘のように黒く低い雲に覆われている。
 農場では手前のほうに膝丈ほどのサトウキビ、奥には背丈ほどに育ったものが広がっている。左手の奥に、大きな木に囲まれた一軒の家がある。銃を手にした二十人ほどの兵士がその家を警護している。兵士の隙間からは、その家の住人と思われる人が不安げにこちらを覗いている。
 先住民族のリーダ-が家に近づき、兵士と話している。やがてこちらに戻ってくると、「軍は何もしない。家には絶対に手を出すな」と皆に向かって言った。
 冷たい風が吹き雨が落ちてくる。その時、農場を貫く一本の農道の向こうからゆっくりとこちらに近づいてくる一団が目に入ってくる。その中の一人がカウカ先住民族のシンボルである、赤と緑に二分された大旗を担いでいる。徐々に強さを増す風が大旗をなびかせている。
 大旗は家の前へ立てられた。その時、緊張感を破るように先住民族の若者数人が叫び声をあげながら、渾身の力でマチェテ(鉈)を振りかざしサトウキビを狩り出した。
 まもなく警察、軍それぞれの代表者が先住民族の前へ現れた。彼らは、「事を荒立てると対抗措置を取らざるを得ない。ハピオのような事は繰り返したくない」と言う。
 ハピオとは、二〇〇三年に今回と同様の行動が行われた農場の名前だ。そこで起きた警官隊と先住民族との衝突で、先住民族の男性一人が死んだ。またある男性は、催涙ガスの広がる中警官隊に捕らえられ、その場で人差し指を爪の真ん中から、中指を第二間接から鋏で切り落とされた。ガス弾を目に受け失明する者など負傷者も多数出た。

 話し合いは決裂した。警察、軍の代表者が去っていくと間もなく武装した警官隊が催涙ガス弾を発砲しながら農場内に押し寄せてくる。瞬く間にガスが農場内に広がっていく。先住民族は警官隊に投石で対抗しながらサトウキビを引き抜き、彼らを象徴する種を蒔き続けた。

 同様の行動は以前より行われている。
 一九九一年十二月、トエスから北に五キロ程のところにあるニロと言う農場では、活動していた男女二十名の先住民族がパラミリタール(右派準軍民兵組織)によって虐殺されている。大土地所有者など裕福な者が、自らの利権を守るために民兵組織と手を結ぶと言う事が言われている。さらに、政府関係者と民兵組織との関係も取りざたされている。
 二〇〇六年十二月には、マリアピエンダもと言うコミュニティーの近くを通る幹線道路を先住民族が抗議のために封鎖した。このとき駆け付けた警官隊によって一人が射殺されている。
 なぜ彼らは危険を冒しながらも行動し続けるのだろうか。
 その理由に、前述したコミュニティーの土地の不足が挙げられる。非生産的な土地が大部分の山間部では、人口の増加に伴い一人当たりの土地が年々減り続けている。
 さらに今内戦状態のコロンビアで、ゲリラが活動しているのは主に山間部だ。そこでは軍、警察とゲリラとの間で頻繁に戦闘が起きている。巻き込まれて犠牲となる住民が後を絶たない。また、ゲリラと間違われる事や関係を疑われ殺害されるケースも起きている。こういった中で避難民となり住む場所を追われる人達のための移住先が必要とされる。 
 山に新しく生活する場所を見つける事は難しい。県内北部に広がる豊かな平原に目を向けると、そこには広大な土地を占有する大農園が存在している。彼らは行き場を求めている。

 もう一つ彼らには戦う大きな理由がある。
 先住民族は、スペイン人が侵入して以来五百年間にわたって虐げられてきた歴史を持つ。彼ら強いアイデンティティーの基に結びつき行動する。それは自分自身を守るために必要だと歴史の中から学びとったことなのだ。行動する事、戦う事は自身の存在を証明し、社会に対して現状を訴えメッセージを送ることとなる。
 彼らの願いは、自分たちの持つ歴史、文化を背景にした価値観の中で、自身の手によって社会を運営してゆく事である。
                                                             ~つづく
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。