【コロンビア日記51】

1005095_10151755180046798_1204377989_n.jpg

6月下旬、僕が滞在する学校のある集落に、軍の兵士を野営を始めた。この地域一帯に、はっきりは分からないが数百人規模の兵士が送り込まれているという。

学校では、ヘンリ先生が持参のカメラで兵士の様子をうかがい、集落のリーダーであるホセさんと状況を見守っていた。

昨年12月以降、ゲリラはこの地域より更に山奥へと拠点を移していった。以来、武装勢力がいなくなり平穏な時期が続いてきた。しかし、軍が入ってきたことで、今後、ゲリラの攻撃もありうる。

これまでおよそ20年に渡って、こうして平穏と緊張が常に繰り返されてきた。住民は翻弄され続けている。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。