コロンビア日記8

20130224-20130224-DSC_0627.jpg

20130225-20130225-DSC_0838.jpg

山道を歩いて8時間、アワ民族の居住地の1つマグイにつく。

大きく見えるのは、中学校。この地域にある唯一の中学校で、2,3日歩いてくる生徒もいる。遠方の生徒は、日曜の夕方に来て寮に寝泊まりし、木曜の夕方に自宅に戻る。

山の斜面に家々が点在する。「これがアワの形なんだ」と地元の人はそう話す。

気候は温暖で雨が豊富。夜は気温が下がり過ごしやすい。
マグイに暮らし続けてきたフベナルさんは、「マグイはどんな作物もよく育つ、いいところだった。」そう話していた。彼はここで、家畜を飼い、トウモロコシ、豆、ユカ芋、サトウキビなどを作り生活していた。

僕が知り合った多くの人も、この一帯の出身者だった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。