明けましておめでとうございます。

DSC_7536.jpg

あけましておめでとうございます。ちょっと遅れてしまいました。

年越しは、メキシコ南部チアパス州のモレリアという所で迎えました。
ここには先住民族自治活動を進める「サパティスタ」の支部があります。
チアパス州内を独自に5つの自治区に分け、各地に1つずつ活動拠点を置いています。モレリアはその第4地区です。

この地に暮らす500人くらいの先住民族ツォチル、ツェルタル、トホラバル各民族の人たちが集まり、昼間はバスケットとサッカーのリーグ戦、夜はダンスパーティーが開かれました。

日付が変わり新年を迎えるとき、他のラテンアメリカ各地と同様、爆竹とロケット花火がけたたましく鳴り響きました。それから集会場で祈りがささげられダンスパーティーへと移っていきました。

この地域は夜かなり冷え込みます。あまりに寒くて2時くらいに寝袋に入りました。

朝6時くらいでしょうか、外が騒がしくなり目を覚ますと、広場にその日来ていた全員が集まっていました。
メキシコ国旗に続いて、サパティスタのシンボル黒地に赤い星が描かれた旗が掲揚されました。全員が旗に向かい敬礼をしていました。
引き続いて、サパティスタの歌が歌われました。霧に包まれた静かな朝に、歌声が響きました。

ただ一人の部外者であった僕は、輪の外からその様子を見ていました。


94年1月1日、メキシコと米国、カナダとの間で自由貿易協定が発効されたその日の武装蜂起から19年が経ちました。サパティスタを離れる人も増えたと言います。今後の生き方を巡って家族が割れてしまったケースも聞きます。19年前を体験していない世代も沢山います。様々な立場にいる一つ一つの声が、それぞれの事実を物語るのだと思います。

少しでも、その心に触れられたらと思います。


昨年お世話になった皆さん、本年もどうぞ宜しくお願い致します。  柴田
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。