「土壌中セシウム99%除去 中央農研が新燃焼技術」 茨城新聞HPより 2/23

  • Day:2012.02.23 21:24
  • Cat:茨城
茨城新聞HPより転載:


2012年2月23日(木)

土壌中セシウム99%除去 中央農研が新燃焼技術

中央農業総合研究センター(つくば市)と太平洋セメントなどの研究グループは22日、高濃度の放射性物質に汚染された土壌を燃焼し、セシウムを取り出す技術を開発したと発表した。カルシウム系の化合物を添加し、土壌をガラス化させずにセシウムを気化させる。セシウムの除去率は99・7%以上で、これまで開発された技術の中で最も高い除去率とみられるという。

土壌を燃焼する方法ではガラス化してしまうため、これまでセシウムを抽出できなかった。燃焼させる乾式の除染方法は、水を使う湿式と異なり、汚染水処理の必要がない。

研究グループは、小型の回転式燃焼炉を使い、福島県内で採取した1キロ当たり6万7300ベクレルのセシウムを含む土壌に対し、同量のカルシウム系の化合物を加え、1350度で1時間燃焼。処理後のセシウムは29ベクレルになり、除去率は99・9%だった。管状電気炉を使った同様の実験でも、2万4600ベクレルのセシウムを含む土壌を50ベクレルに浄化し、除去率は99・7%だった。

気化したセシウムを吸着させたフィルターは、高レベルの放射性廃棄物として保管が必要になるが、土壌に比べ20分の1の容積に減らすことができる。

同技術の処理コストは1トン当たり5万~6万円で比較的高いものの、廃棄物の中間貯蔵施設を小さくできるため、有望な除染方法の選択肢になるという。また、燃焼後に残る焼成物の石は、土工資材に使えるレベルまで放射能を低減できるため、震災復興のためのコンクリートの骨材として活用できるとしている。

農林水産省農林水産技術会議事務局の万福裕造研究専門官は「各自治体は除染した土の置き場に困っており、少なくできれば除染を促進できる」と話した。

今回の成果は3月8日、福島県郡山市で開催される「農業及び土壌の放射能汚染対策技術国際シンポ」で発表される。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。