リアル

  • Day:2008.09.05 00:14
  • Cat:日記
古本屋で『リアル』を立ち読み。 
スラムダンクの井上雅彦が書いている漫画。障害者のバスケを中心に話が進んでいく。と、内容は有名漫画だからここで書かなくてもいいかな。
前に1,2巻まで読んでて止まっていたんだけど、続きを手に取ったらそこにあった6巻まで(何巻まで出てるんだろ?)一気読み。何度もぐっときた。立ち読みの分際で何を熱くなっていると、店員の声が聞こえそう。でもね、入り込んでしまいましたよ。
どうしたらあんなに厚みのある話が書けるんだろう。不器用さ、挫折、劣等感、喜び、悲しみ、恋心 - 誰でも持ってるものだけど、人によって感じ方も違うし、あらわれ方も違う。それが個性とおもう。漫画の中に出てくる人たちにも皆違う心がある。キャラクターって言うより「心」があるという方がいいと思う。
 もちろん、丹念に取材しているからこその厚みだとおもうけど、それ以上に作者の中にあるものによるのだろう。
 忘れてしまうんですよね。その時その時の細かな感情って。なんか思い出ってやけに劇的なものになってしまったりして。井上雅彦さんの作品は、その劇的なものになってしまうのをぐっと抑えてるところがある。だからそんな所にものすごく入り込んでしまうのかな。そういうわずかな感情を読みながら思い出してるんだろう。そんなに人って劇的な分かりやすいものじゃないです。

登場人物に、すごく不器用な人がいる。名前なんていったっけかなー。「道」を探してるんですよ。今週のヤンジャン見たら、なんかこれだって言うことに心が決まった感じ。あの人すごく好きです。でも陶芸家のお父さんとのやり取りもなぁ。あそこでもやられたなぁ。

また楽しみが一つ増えた。

<訂正>
井上雅彦→井上雄彦(たけひこ)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

陶芸家のお父さんがいるのは高橋。
不器用で道探してんのは野宮だね。
戸川と3人で「それだけが俺たちのリアル」今を生きてるんだね。

井上先生大好きです。
ダイスケです。
  • 2008/09/05 09:52
  • ポコア次郎
  • URL
ちなみに井上雅彦じゃなくて、
雄彦(タケヒコ)先生だから…笑
  • 2008/09/05 09:54
  • ポコア次郎
  • URL
そこ間違っちゃまずかったね、、 

一つ勉強。

スラムダンクまた読みたくなったな~
  • 2008/09/07 23:17
  • シバタ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。