被災地 茨城県北茨城市平潟町

  • Day:2011.07.07 19:51
  • Cat:茨城
DSC_3127_convert_20110707194922.jpg
福島との県境、天然の美しい入り江を利用した漁港を持つ茨城県北茨城市平潟町では、3月11日の津波で2人が犠牲になった。

震災から2ヶ月後の5月22日早朝、津波に襲われた家々が立ち並ぶ海岸沿いを歩いていると、マラソンをする一人の女性に声をかけられた。

中年のこの女性は、町内で海産物の仲買の仕事をしているという。

「今この先で津波で亡くなった人の家に行ってきたんですよ。よぉく知ってる人でね、初めて手を合わせてきたの今。私はこのちょっと先に住んでんだけど、2ヶ月たってやっとここ(津波の襲った海岸)にこれたの。こんな近いのに怖くてずっとこれなかったの。でもやっと手を合わせられました。良かったです。」

「近くに住んでっから、また会いましょ。」

そう言って小走りに走って行った。

海面から顔を出した太陽が、ゆっくり空へと昇っていく。まだ少し肌寒い朝だった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。