日記 8.21 稲の収穫を前に

  • Day:2011.08.22 23:06
  • Cat:茨城
今日は、茨城で田んぼの用水路清掃の手伝い。
小雨が時折強くなる中、早朝より近隣の農家さんが集まり行われた。
来月の稲刈りを前にその準備を進める。

その中で、収穫への不安を聞いた。

放射性物質に対する検査を徹底すべきとの思いと、もし新たに出てしまったらとの不安。「 もう一度出荷停止となり、他の作物へも影響(価格の下落)が広がったら、もう立ち直れないだろう。」

また以前、別な農家さんは「東北の影になり茨城でのことが、なかったことなってしまうんじゃないか」と、世間の関心が離れてしまい、忘れられることへの不安を話した。

子供を持つ、収穫を控えた米農家さんが、初めて他所から古米を買ったという話も聞いた。
「どうなのか分からないが、食べざかりの子供は食う量が違うから」との思い。

日本の食生活を支えている人達を、その恩恵を受けてきた僕らは、今この状況の中、どう支えていけるのか。

買って応援しようという声と、不安を覚えるから買わない、売らないでくれと言う声が聞こえる。

また別の場所では、もう過ぎ去ったことであるかのような無関心。

何だろうか、もっと違う何か。もっと根本的な所で、作り手の気持ちを想像したい。その上で、作り手の人たちが取り残されないような。僕たちはこれまで毎日それを食べて生きてきた。その作物を作る人たちが苦しんでいる。今、作り手の方々を支えることができなかったら、これから先どうなってしまうんだろうか。

方法は決して一つではない様に思う。
もし、検査を徹底するなら、責任ある立場の人がそのケツをしっかりと持つ。徹底して泥をかぶるべきだ。作り手にも消費者にも責任はないのだから。

生産者と消費者の溝をこれ以上広げてはいけない。





スポンサーサイト

日記 8.22

  • Day:2011.08.22 21:49
  • Cat:日記
今日も一日バイト。只今帰宅。
今月は稼げるだけ稼がないと。

先日、池袋の古本屋で購入した「人間を撮る」(池谷薫)を少しずつ読み進める。
しびれる。

内容を書きたいけど、今日はちょっと力が出ない。

さて、明日も早い。

日記 8.20 

  • Day:2011.08.20 18:24
  • Cat:日記
今日も一日バイトの日。

只今帰宅。
一気に涼しくなった。夏終わりかなぁ。去年の方が、暑さがきつかったような。

これから茨城。取材で知り合った農家さんのところへ明日訪ねる。
明日は取材というか、田んぼの手伝いというか。
まだ知り合ってそんなに経たない方なのだけど、毎回会うのがとても楽しみ。明日も楽しみだ。
こういう出会いがあると、ほんとやめられなくなる。

朝早いので実家でひと眠りしよう。

さて、準備しようかな!

「県コメ検査1号の潮来産『不検出』生産者ら安堵」 (茨城新聞より)

  • Day:2011.08.17 19:28
  • Cat:茨城
8月17日の茨城新聞HPより。
「県コメ検査1号の潮来産『不検出』生産者ら安堵」との記事。

先日の潮来市が独自に行った潮来産米の検査に引き続き、県による潮来産米の検査結果がでた。結果は結果はヨウ素・セシウムともに「不検出」。県内では県による検査一号となる。
茨城県つくば市で11日に採取された米が、市によって民間機関へ検査にだされた。15日に発表された結果では、こちらもヨウ素・セシウムともに「不検出」。




以下、8月17日茨城新聞より転載。

2011年8月17日(水)
県コメ検査1号の潮来産「不検出」生産者ら安堵

新米の本格的収穫を目前に控え、県が始めた米の放射性物質検査の第1号となる潮来市の結果が16日公表され、市内6カ所の米からはいずれも放射性物質が検出されなかった。福島第1原発事故に伴い農産物の放射性物質による汚染が心配される中、産地からは「安心して米を出荷できる」と安堵(あんど)の声が聞かれた。県は順次、全市町村の検査を進め、主食の米の安全性を確保する構えだ。

県は、同市内六つの旧町村ごとに収穫した米を採取し、15日に放射性物質の検査を行った。結果はいずれも「検出せず」で、安全性が確認されたことで同市は米の出荷販売を始める。同市は16日、米の安全性が確認されたことを市内93カ所の防災無線で流した。

この結果を受け、市認定農業者連絡協議会会長の森内泰男さん(60)=同市堀之内=は「今年は都内の米屋から『(扱うかどうか)少し様子を見る』という話が田植えのころからあった。もし米が売れなくなったら大変で心配はあった。今回の結果は、うれしく思う。これで米屋も安心すると思う」と安堵。その上で森内さんは「潮来だけの問題ではない。これから検査が進み『茨城全体の米が大丈夫』というようにぜひともなってほしい」と願っていた。

同市の松田千春市長は、「今月5日の市独自の検査結果と同一の『未検出』となり、生産者はもとより喜ばしいこと。これにより消費者に安心安全なお米をお届けできる」とコメントした。

県は、収穫前の米の「予備調査」と、収穫後の米の「本調査」を行う。予備調査は空間放射線量がやや高い13市町村で行い、本調査は全市町村で実施する。

本調査は昭和の旧市町村単位で行い、県内の検査地点は約400カ所に上る。入念な検査で安全を確認する一方、農家は旧市町村全ての結果が出そろうまで、出荷の自粛を求められる。

16日には鉾田市から採取した米の予備調査も始まり、18日にも結果が公表される。

県産地振興課は「今後も安全な米が出荷できるよう検査を進めていく」としている。


転載終了。

「子どもの甲状腺から放射線検出」(NHK NEWSweb より)

  • Day:2011.08.13 21:16
  • Cat:日記
NHK NEWSweb に「子どもの甲状腺から放射線検出」とあった。(ヤフーニュースよりリンクあり)

以下記事転載。

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数から放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かりました。専門家は「微量なので、健康に影響が出るとは考えにくいが、念のため継続的な健康管理が必要だ」としています。

この調査結果は、13日、東京で開かれた日本小児科学会で、広島大学の田代聡教授が報告しました。田代教授らのグループは、国の対策本部の依頼を受けて、今年3月下旬、福島県いわき市や飯舘村などで、1149人の子どもを対象に甲状腺への被ばく量を調べる検査を行いました。その結果、およそ半数の子どもの甲状腺から放射性ヨウ素による放射線が検出されたということです。田代教授によりますと、甲状腺への被ばく量は100ミリシーベルト以上に達した場合に健康に影響が出るとされています。しかし、今回検出された放射線から換算される甲状腺への被ばく量は、子どもへの影響を最大限に考慮しても、最も多い人で35ミリシーベルトで、「健康に影響が出る値ではない」ということです。田代教授は「微量なので将来、甲状腺がんが増えるとは考えにくいが、万が一の場合にも対応できるよう継続的な健康管理が必要だ」と話しています。検査の結果は、来週以降、国の対策本部から子どもや保護者に通知されることになっています。

転載終了。


以前、福島県いわき市、川俣村、飯館村の子ども1000人余りに内部被ばくを検査した結果、いずれも微量としながらも、約45%の子どもたちが甲状腺被曝をしているとのニュースがあった。(http://sankei.jp.msn.com/life/news/110705/bdy11070511470000-n1.htm

このニュースが流れた7月、茨城県庁に県内の内部被曝調査について問い合わせた。すると、「県内には2台・2か所にしか内部被曝検査をする機械がない。今の段階で、県内の子ども全員に検査をすることは難しい。誰かができて、誰かができないという不公平がでる。したがって今のところ検査を行うことは考えていない。」との回答があった。

茨城県の北部はいわき市とその境を接している。その地域において、茨城県と福島県という違いはあるのかと思った。場所によって、汚染の度合いに違いはあるだろう。しかし、県をまたいだ隣町では検査をし、このような結果が出ている。

農作物や土壌について県は独自に調査を進めている。現状を把握しようと努力しているように思う。住民についての調査もやるべきじゃないのだろうか。そう強く感じる。

「結(ゆい)」と「ミンガ(MINGA)」

コロンビアで「ミンガ(MINGA)」というものに出会った。

「ミンガ」とは、その土地に暮らす繋人々によって行われる、コミュニティー内の共同作業のことをいう。

具体的には、近隣・親戚の畑仕事の手伝い合い、共同で家を建てること、路地の清掃などがある。自治会で行う地域清掃なんかをイメージすると分かりやすいかもしれない。コミュニテー社会という地域社会を維持するためにとても大切なものだ。人々の繋がりの深さが背景にある。

もともとはペルー、ボリビアのアンデスではなされるケチュア語が語源となっているらしい。
ペルー・エクアドルのアンデスでも頻繁に耳にした言葉で、主に先住民族社会で話される。



日本には「結(ゆい)」という言葉がある。

wikipediaには、「結とは労働力を対等に交換しあって田植え、稲刈りなど農の営みや住居など生活の営みを維持していくために共同作業をおこなうこと、もしくはそのための相互扶助組織のことをいう。社会基盤の維持にかかわるものは特に自普請ともよび、労力、資材、資金を提供しあう互助活動全体を指す。地縁にもとづく「近所付き合い」とみなすことも可能であり、古くは「十分の付き合い」や隣組も結の一種といえる。また、広義には無尽や消防団などは資金や災害対策の労役に限った結であるといえる。」

まさに、アンデスの「ミンガ」そのものだ。沖縄では「ゆいまーる」というらしい。



この「結」を、茨城で耳にした。ただそこはやっぱり茨城、「ゆぎぃ」と訛っている。

僕が聞いた「ゆぎぃ」は現在の物ではなくて、「昔は、ゆぎぃつうのがあったんだ」と過去形だった。

田植えを見せてもらいに行ったときにこんな話を聞いた。
「この辺では昔「ゆぎぃ」つうのがあったんだ。田植えすっとき、近所の人に手伝ってもらったり手伝ったりしてやったの。それがお祭りみたいで、豪勢なご飯をいっぱい用意して、お昼にはみんなしてワイワイやって。楽しかったんだよぉ。」

今の農作業は機械化され、ほとんど個人で作業する。そのため田んぼ仕事の結はなくなっていった。

この話をしてくれた方の話は「親父から『米じゃ食えないんだから、他で仕事をみつけろ。』と言われていた。生活するには、なるたけ畑仕事の時間を減らして、金になる仕事の時間を作らなきゃならない。」と続いた。そのために機械を入れ、効率よく作業できるようにしていった。彼の息子さんも会社勤めをしていて、農作業が忙しくなる季節の土日だけ手伝いをする。

この農家のお母さんは、若いときに街から農村へ嫁いできた。50年くらい前、当時まだ電気もまばらだったそこに初めて来たときのことを、「いやぁ、とんでもないとこ来ちゃったと思ってね。もう嫌で嫌でしょうがなかった。」と振り返る。

でも今は、仕事を引退した旦那さんとの畑仕事が「生きがい」だと話す。「他にやることもないしねぇ」と微笑みながら。

日本と南米アンデス、コロンビアとの一つのつながりでした。

cafe50_convert_20110813195617.jpg
早朝、コーヒー畑へ向かう(コロンビア・カウカ県ハンバロ)
DSC_4142_convert_20110813201433.jpg
学校へ木材を運ぶ子供たち(コロンビア・カウカ県ハンバロ)
蜷榊叙14_convert_20110813200610
コミュニティーの住民が集まり、お年寄りから意見を聞く。(コロンビア・カウカ県タクエジョ)
DSC_0502_convert_20110813195142.jpg
道路整備を終え、土地の酒チチャを飲む。(コロンビア・カウカ県ハンバロ)
DSC_3441_convert_20110813202432.jpg
集会の後、朝まで踊りとおす若者たち。(コロンビア・カウカ県カルドノ)

「潮来で早くも稲刈り 放射性物質『検出せず 』」(茨城新聞より)

  • Day:2011.08.09 21:33
  • Cat:茨城
今日の茨城新聞より転載

---------------------------------------------------
2011年8月9日(火)
潮来で早くも稲刈り 放射性物質「検出せず」


【写真説明】
極早生品種「ひたち29号」の稲刈りが行われた=潮来市上戸


潮来市上戸、農業、内野幸夫さん(60)の水田で8日、早くも稲刈りが始まった。収穫したのは、県が極早生(わせ)品種として研究開発している「ひたち29号」。同市農政課によると、県内で最初の本年度の稲刈り。

今回の収穫に先立ち、潮来市は放射性物質検査を独自に行った。同じ田の収穫前の玄米を、つくば市内の民間機関に依頼。5日に「検出せず」(1キログラム当たり20ベクレル未満)の結果を受けて収穫した。収穫したコメは今後、市が独自依頼したつくば市内の機関と、国が指定する東京都内の研究所で分析する。

内野さんは「今年の生育は順調。ひたち29号は栽培3年目で、生産者にとっては作りやすく、しかもおいしい。潮来の早場米のブランドになってほしい」と話す。放射性物資検査については「県の審査で土壌調査もやった。全く不安が無いといえばうそにはなるが、(次の検査も)大丈夫だと思う」と語った。

「ひたち29号」は品種登録が済んでいないため、市場には出荷されない。

以上、転載終了。




先日、ある茨城の農家を訪ねたときのこと、一日の仕事を終えたその方に「柴田くんは放射能測るやつって持ってないの?」と聞かれた。
僕は持っていないのでそう答えると、「米だけはどうしても心配なんだよね。」と話す。

その方は、米以外にも出荷用に作物を作っている。震災直後に落ち込んだ作物価格は現在、震災前の状態に戻ったという。放射能の話題は、僕からはなるべく触れない様にしていた。とてもデリケートな問題に思えたから。
話し方などから、一時の状況からは、気持ち的に抜け出しているように思えていた。県によって頻繁に地域ごとに検査をしており、問題となるような値は出ていない。

しかし、心の中に不安を抱えたまま日々仕事に向かっていたということを感じさせられた。

このニュースは彼にどう映ったのだろうか。
僕自身これから、どうこの問題に向き合っていけばいいのか。何をしていかなければいけないのだろうか。今更だけど頭が回らない。


時間がたつのが早すぎる。知識も行動も全く追いついていない。


もう一月もしたら、あちこちで米の収穫が始まるころだ。


日記 8.8 稲穂

  • Day:2011.08.08 22:21
  • Cat:茨城
DSC_6297_convert_20110808221144.jpg
DSC_6302_convert_20110808221624.jpg

穂の立ち始めた稲が、あぜ道に咲く向日葵を囲む。
(茨城県常陸大宮市)



日記 8.6 浅草橋の「玉椿」

  • Day:2011.08.08 22:04
  • Cat:日記
浅草橋のお蕎麦屋「玉椿」さんの、開店9周年記念のイベントを撮影。
料理に茨城の野菜を使っていることからご縁があってお仕事を頂く。

二人の落語家さんによる演目に続いて、茨城産の野菜を使った料理とともに、宮崎から招かれた蔵元さんによって焼酎がふるまわれた。

蕎麦と一緒に、蕎麦焼酎を蕎麦湯で割って飲むなんて。なんてオトナな世界。
なんとも粋な感じの方々の中、どうにも自分一人浮いていた気がしたけど、楽しくお仕事させていただきました。

おいしかったです。

日記 8.4

  • Day:2011.08.04 21:01
  • Cat:日記
前回から間が空いてしまった。この間がね、危ないんですよね。

昨日は久々に結構飲んだ。
で、今日も早朝のバイトへ。酒の抜けぬ頭でなんとかこなす。ぼろぼろ。

夕方、コインランドリーに行った帰りにちょっと近所を散策したら、アパートのすぐ近くに焼鳥屋を発見。
もうここに住んで3年くらいたつのに全然気づかなかったなぁ。

皮と、かしらを買い食い。

てな感じの一日。