震災

  • Day:2011.03.20 00:03
  • Cat:茨城
実家のある茨城県の様子です。
水戸市・大洗町・ひたちなか市・東海村・日立市・高萩市・北茨城市

http://www.facebook.com/album.php?fbid=10150165242231798&id=779301797&aid=335823&ref=pd#!/album.php?fbid=10150165242231798&id=779301797&aid=335823&closeTheater=1

50.jpg


実家のあるひたちなか市では、今日水道が復旧したと連絡がありました。スーパーなどおよそ通常に近い状態だと言うことです。しかし、県北部の海岸地域では津波による被害が甚大です。現地に行ってみて想像をはるかに上回っていました。各家庭が自力でなんとかしています。商店も制限付きでの販売をしていました。ガソリンが不足しているため、買い物に行くことが困難でもあります。水道の止まっている地域では早朝から井戸水を無見に行く人の姿を見ました。

飲み水はテンポで買うことができます。しかし、トイレや風呂、洗濯といった生活用水の不足、頻発する余震は、長引けば長引くほど強いストレスとなっています。

昨日東京に戻ると、茨城の情報と触れることがほとんどありません。

目に見える傷跡は次第に薄れていくと思います。
しかし、これからが本当に大変なことだと思います。崩れた生活基盤をどう立て直すか。今まで当たり前にできていたことができないストレスは、毎日の生活の中で確実に心につみあがっていきます。

僕自身はこんな大きな災害を初めて体験しました。はじめほどではないにしろ、いまだにどこかうろたえているようです。


自分には何ができるのか。まずは自分の今ある持ち場をしっかり守ること。そのうえで考えたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。