ビルマ僧との対話集会 ~ ビルマと日本の関係を考える ~

平素お世話になっている、神戸在住のフォトジャーナリスト宇田有三さんがビルマについて講師をされます。
お近くの方、是非ご参加ください。

ホームページ:http://www.uzo.net/indextop.htm
ブログ:http://blog.uzo.net/


ビルマ僧との対話集会 ~ ビルマと日本の関係を考える ~

 
 映画「ビルマVJ 消された革命」の舞台となったラングーンでの大規模民主化デモに
 参加したアシン・ターワラ師を迎えて、対話集会を開催します。

 関西で活動しているNGOとジャーナリストによる報告もあります。
 ビルマと日本がどのように関わりをもっているのか、私たちにできることは何か--。
 ぜひ、足をお運び下さい。

 
 また、京都シネマで10月2日~8日に上映されるのにあわせて、10月3日(日)
 上映終了後にアシン・ターワラ師による舞台挨拶があります(通訳付)。
 こちらもぜひどうぞ!


 *下記はいずれも通訳付、無料です。事前申し込みは必要ありません
 が、10月2日の大阪会場は席に限りがあるため、ご容赦下さい。

 [大阪]
 日時 10月2日(土)午後6時~8時
 場所 阪南大学サテライト
   (大阪市中央区高麗橋4-2-16 大阪朝日生命館 6階)
 http://www.hannan-u.ac.jp/venture/st9plj0000001cxi.html
 京阪本線・大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅12番出口下車すぐ

 [京都]
 日時 10月3日(日)午後6時30分~8時30分
 場所 キャンパスプラザ京都 第4講義室
    (京都市下京区西洞院通塩小路下る)
 http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585
 近鉄・JR・京都市営地下鉄「京都駅」下車。烏丸中央口より西へ
 すぐ。ビックカメラ向かい。京都中央郵便局西側

 [講師]
 ◆アシン・ターワラ師
 1984年、イラワディ管区で農家に生まれる。2003年、ダンマサリヤの
 試験に合格するが、アウンサンスーチー氏と会ったことを理由に資格剥奪。
 2007年9月19日に結成された全ビルマ僧侶代表委員会の書記長となり、
 ラングーン市内を市民とともに行進する。

 その後、当局の追跡を逃れて国内で潜伏し、2008年1月にバングラデシュ
 国境を越えてダッカのUNHCR事務所で政治亡命を申請。
 
 現在はインド・ニューデリーを拠点に、全ビルマ僧侶代表委員会書記長
 として民主化活動を国外から支えている。

 ◆日本ビルマ救援センター(BRC-J)
 1988年からビルマ民主化と難民支援を行っている関西のNGO。
 難民の女性たちによる織物の販売をはじめ、難民キャンプへの衣類やメガネの
 提供などの支援活動、各地でバザーやイベントでの出店、セミナーを開催。
 http://www.brcj.org/

 ◆宇田有三氏
 過去18年に渡ってビルマを取材し、『閉ざされた国ビルマ―カレン民族闘争と
 民主化闘争の現場をあるく』(高文研)を出版。
 ビルマ国境地帯とビルマ国内を共に長期的に取材した経験を持つ、世界的にも
 数少ないフォト・ジャーナリスト。
 http://www.uzo.net/

 [参考]
 ◇「ビルマVJ 消された革命」
 2007年にビルマで起きた大規模民主化デモと弾圧の映像を命がけで撮影し、
 世界へ向けて発信したビデオ・ジャーナリスト(VJ)たちの奮闘が描かれる。
 アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門
 ノミネートのほか、150以上の映画祭で40以上の賞を受賞。
 http://www.burmavj.jp/

 ◇『ビルマ仏教徒 民主化蜂起の背景と弾圧の記録』
 2007年、ビルマで起きた大規模民主化蜂起における、軍事政権に対する仏教徒の
 抵抗の背景と弾圧の実態を、証言記録を基に明らかにする。
 編訳・守屋友江、翻訳協力・ビルマ情報ネットワーク、ダニエル・シーモア、
 解説・根本敬
 http://www.akashi.co.jp/book/b66133.html


 [主催・問い合わせ先]
 阪南大学 守屋友江
 大阪府松原市天美東5-4-33
 E-mail: tmoriya@hannan-u.ac.jp
スポンサーサイト

「尖閣に自衛隊常駐を」民主党有志12人が声明(yahooニュースより)

  • Day:2010.09.27 23:22
  • Cat:日記
以下、yahooニュースより転載。

「尖閣に自衛隊常駐を」民主党有志12人が声明
産経新聞 9月27日(月)12時57分配信

民主党の松原仁衆院議員らは27日午前、国会内で記者会見し、沖縄・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件で中国人船長が釈放された問題を受け、尖閣諸島への自衛隊常駐の検討などを政府に求める声明を発表した。声明には同党の中堅・若手の国会議員有志12人が賛同した。

[フォト]「中国の謝罪と賠償の要求は言語道断」民主党有志73人が緊急声明

 声明は、中国人船長の釈放について「祖国の主権を隣国に蹂躙されたという国民の思いは、日中友好の精神を一気に冷却化させるとともに、政権に対する期待を大きく裏切るものとなっている」と指摘した。

 そのうえで政府に対して、尖閣への自衛隊常駐と漁業中継基地の構築の検討や、海上保安庁が事件の際に撮影したビデオテープの公開などを要求した。

 民主党国会議員有志12人の声明の全文と、12人の顔ぶれは次の通り。

「今回の事案がわが国の国益に与える影響と対応について」

 平成22年9月27日 民主党国会議員有志

 1 今回の決定は、米国、韓国等のメディアの報道にみられるように、国際社会において日本の敗北と位置づけられており、このことによる今後のわが国外交の権威の失墜は耐えがたいものである。

 2 また、祖国の主権を隣国に蹂躙されたという国民の思いは、これまで国交回復以降40年近くかけて築き上げてきた日中友好の精神を一気に冷却化させるとともに、政権に対する期待を大きく裏切るものとなっている。

 3 同時に、中華人民共和国と南シナ海をはじめとする領有権の問題を抱える東南アジア諸国の日本に対する失望感は大きく、また自国の安全保障をより一層米国に依存せざるを得ない姿を晒(さら)したことは、今後のわが国のアジア外交においての権威を著しく失墜させるものである。

 4 こうしたわが国の危機的状況を打開するために、次のような対応をとることを強く求めるものである。

 (1)中国によるレアアースの禁輸についての事実関係や、中国国内におけるさまざまな邦人・企業に対する行為の事実関係について、直接責任ある丹羽大使から聴取する。

 (2)海上保安庁に対する中国漁船の不法行為を撮影したビデオをただちに公開し、東南アジア諸国をはじめとする国際世論を喚起する。

 (3)ガス田「白樺」の掘削の事実を早急に調査し、国際約束に反する事実が見受けられた場合、新たに搬入した機材の撤去を求めるなどあらゆる措置を講じる。

 (4)わが国への領海侵犯、漁業資源・鉱物資源等の不法取得等に対して迅速かつ実効的に対応するために必要な法制度・態勢を整備する。

 (5)尖閣諸島に自衛隊を常駐させるとともに、漁業中継基地などの経済的拠点構築することを検討する。

 有志12人 松原仁▽中津川博郷▽神風英男▽石関貴史▽米長晴信▽木村剛司▽空本誠喜▽柴橋正直▽高邑勉▽長尾敬▽福島伸享▽金子洋一(敬称略)

 以上



この先に先にを見ているのだろう?どこに向かおうとしているのか?とても怖い気がしたので載せてみました。

第5回チャリティーポストカード展 10/6~10/12

10月6日より12日にかけて、原宿のデザインフェスタギャラリーで開かれる「第5回チャリティーポストカード展」に参加します。

期間中は、会場・WEBSHOPでポストカードの販売を行っています。1枚あたり30円が国境無き医師団日本へ寄付されます。



第5回チャリティーポストカード展http://chau.chu.jp/postcard_top.html
開催期間:2010年10月6日~12日 11:00~20:00
     (初日は13時より最終日は18時まで)
入場料:無料
会場:デザインフェスタギャラリーEAST102
   http://www.designfestagallery.com/index.html
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-18

第5回チャリティーポストカード展 WEBSHOP
開催期間 2010年10月6日~12月10日
WEB会場:http://chau.chu.jp/webshop.html

shop5no760.jpg

<出展案内文>

ポストカード展案内文jpg

10/3 ラテンアメリカ連帯企画

メキシコ先住民族運動連帯関西グループが主催する「ラテンアメリカ連帯企画」でコロンビア、エクアドルでの写真のスライドをめくりながら、僕が出会ってきた先住民族の人たちについてお話させて頂きます。

また、メキシコのチアパスの「サパティスタ」の映像、コロンビアで活動されている「シネミンガ」の撮影した映像も放映されます。

お近くの方、お時間ある方、ぜひ足をお運びください。

**以下案内文**********************************************************************************


- 10/3 ラテンアメリカ連帯企画 -
□ 講演と写真「わたしの出会ったコロンビア先住民族」 柴田大輔
シネミンガ(映像NGO)の紹介
□ サパティスタ制作のドキュメント映像の紹介(メキシコ先住民族連帯関西グループ



2010年10月3日(日)
ひと・まち交流館 京都 第二会議室
京都市 河原町五条下る東側(市バス「河原町正面」) TEL 075-354-8711
開場 13:30 開始 14:00 終了予定 16:30 参加費 700円
主催 メキシコ先住民運動連帯関西グループ
共催 日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)
INFO DQM06014@nifty.com

フォトジャーナリストの柴田大輔さんは、2007年にエクアドルに暮らすアワ民族を中心としたコロンビア難民グループと出会い、彼らと交流を深めながら、 難民としての困難な状況だけでなく、自分たちのアイデンティティや土地の記憶を大切にして「普通の生活」を望み暮らす人々の姿を丁寧に取材され続けています。今年の1月の講演会に続いて、7月に再訪されたときの報告とともに、 コロンビア国内で先住民族組織を 作って自分たちの土地の権利や尊厳のために闘っている人たちについても、写真の数々とともにお話ししていただきます。またコロンビアの先住民族の人たちが自ら主体となって映像を撮るシネミンガというグループの紹介や、 メキシコ の先住民運動サパティスタの映像グループが撮ったドキュメント映像も併せてご紹介したいと思います。
「『ミンガ』(ケチュア語がルーツ)は、社会を良くする為の協働作業であり、共有する事であり、互いの学び合いであり、集団の屈強さを意味します。アメリカの『ラコタ』や沖縄の『ゆいまーる』も同様の言葉です」(シネミンガHPより)

10.3チラシ2

9/19 金沢文庫芸術祭 先住民族広場

9/19日、横浜市金沢区で開かれる「金沢文庫芸術祭 1DAYイベント 先住民族広場」で、写真の展示とコロンビアについてお話させて頂きます。お時間のある方、ぜひ遊びに来てください!

http://www.bunko-art.org/KanazawaBunkoArtFes_12th/Day.html

<ワークショップスケジュール>
12:00~ カマクラハカ&カヒコ(JHCA)
13:00~ アースダンスアコースティックライブ(チームアースダンス)
14:00~ 南米コロンビア先住民族紹介(柴田大輔)
14:30~ペルー写真紹介(神田亜紀)
15:00~ カマクラハカ&ホクレア号のフラ(JHCA)
15:30~ホピイーグルダンス(アナンダラバ)

写真の展示は朝10時から18時くらいまで、僕も一日そこにいます。14時から30分ほどコロンビアについての話をします。

お問い合わせは daisuke.pp@gmail.com までお願いします。

KAF_chirashiのコピー