夏草

  • Day:2008.09.20 19:13
  • Cat:日記
200809201545000.jpg

スポンサーサイト

DSC_0871_convert_20080913215028.jpg


路上の果物屋。

バスターミナル近くでパイナップルの切り売りをしている。
分厚い輪切りで、ひとつ約50円。
とびっきり甘く、やわらかくてジューシー。
ついつい手が伸びてしまう。

                            colombia santander de quirichao

DSC_0825_convert_20080912011829.jpg

コロンビア、カリの市場。

TRES MONOS(三匹の猿)

DSC_0791_convert_20080910215804.jpg

TRES MONOS(三匹の猿)

コロンビアのポパヤンという町でみた3匹の猿の置物。
なんだか分かります?このお猿さんたち?? 

そう。右側から”見ざる、言わざる、聞かざる”  どっかで聞いたことありますよね~

これグアテマラでも聞いたことがあって、お世話になっていた家のお母さんが、こそこそばなしで「あそこの奥さんがね-」と、ちょっと大っぴらには言えない内緒話をしてくれて、そのあとに、「これはtres monoよ。」と。”見ざる、言わざる、聞かざる、なのよ。”と。
まぁ、世の中をうまく回して行くための三ヵ条といったとこですかね。まさかラテンの世界でこんな話があるとは思いませんでした。コロンビアでも見かけたということは、ラテンアメリカ全体にある話なのかどうなのか?

日本だと日光東照宮にこれありますよね。

この3匹のお猿さん、いったいどこが出身地なんでしょう?

地球の真裏の日本とラテンアメリカ。 そこに何か共通点を探すと、もしかしたらヨーロッパが起源で、日本にはキリスト教伝来とともに、ラテンアメリカには植民地時代に伝わったのかなぁなんて、漠然と思っていたのですが。Wikipediaによると、日本には8世紀天台宗の教えとして中国から伝わったという説があるそうな。そしてヨーロッパには元来、猿は存在していなかったそうな。これは不思議なことだ。とすると、中国発ヨーロッパ経由ラテンアメリカ着だったのか?それとも、それとはまったく違った経由で、ヨーロッパの侵略を受ける以前に何らかのルートですでに伝わっていたのか。そう言えば、ペルーの首都リマの博物館には、ラテンアメリカにヨーロッパ人が来る遙か以前の遺跡から出土した、アフリカの黒人やどう見ても中国人と思われる人物を模った人形が展示してあった。歴史には残ってはいないが、海を越えて彼方へと渡っていった人たちは、きっと想像するよりももっと沢山いたのだろう。そう考えると全く頭の中には、とめどなく想像が広がっていく。
さらにWikipediaでは、「3匹の猿というモチーフ自体は古代エジプトにも見られるもので、シルクロードを経由して中国から伝わったものだという見解がある。」と書かれている。インドのマハトマ・ガンディーやアメリカのキリスト教会でもこの三匹の猿を用いて教示をしているようだ。
なんだかこのお猿さんたちは大昔から世界中を駆け巡っているようだ。

お猿さんも、大昔の冒険野郎たちとともに壮大な旅を送っていたのかもしれない。
”見ざる、言わざる、聞かざる”思ったよりもスケールのでっかい話だ。




MANO A MANO

  • Day:2008.09.08 17:35
  • Cat:日記
1145.jpg

家族。

サッカー

  • Day:2008.09.07 23:11
  • Cat:日記
昨日は群馬でサッカーの撮影。撮影させていただいたのは藤岡キッカーズ。高円宮杯U-15の決勝トーナメントに進出しその一回戦でした。中学生のクラブチームで、3年生にとってはこれが最後の大会。県内から3チームが全国大会に出場できるとあって迫力のある試合となりました。結果は3-2で勝利!次はいよいよベストエイト。

僕は高校まで野球小僧でサッカーはど素人なんですけど、一生懸命やってる姿っていうのはやっぱりいいですねー 僕も引き込まれるようにカメラ持ってグランド走り回ってました。もちろん外側です!
選手は自分の活躍してる写真があったらうれしいと思うんですよね。自分がそうだったから。今でも高校の時の写真見ると思いだしますね。もし、僕の撮った写真で喜んでもらえたと思うと、頑張っちゃいますよね!

全国大会目指して次も頑張ってください! 



DSC_0612_convert_20080907225340.jpg

fujioka.jpg

9月

  • Day:2008.09.05 00:35
  • Cat:日記
9月です。 昨日はあんなによる暑かったのに、今日はすっかり涼しくなった。秋への一歩ですかね?
週末雨降るな!

200808261653000.jpg

リアル

  • Day:2008.09.05 00:14
  • Cat:日記
古本屋で『リアル』を立ち読み。 
スラムダンクの井上雅彦が書いている漫画。障害者のバスケを中心に話が進んでいく。と、内容は有名漫画だからここで書かなくてもいいかな。
前に1,2巻まで読んでて止まっていたんだけど、続きを手に取ったらそこにあった6巻まで(何巻まで出てるんだろ?)一気読み。何度もぐっときた。立ち読みの分際で何を熱くなっていると、店員の声が聞こえそう。でもね、入り込んでしまいましたよ。
どうしたらあんなに厚みのある話が書けるんだろう。不器用さ、挫折、劣等感、喜び、悲しみ、恋心 - 誰でも持ってるものだけど、人によって感じ方も違うし、あらわれ方も違う。それが個性とおもう。漫画の中に出てくる人たちにも皆違う心がある。キャラクターって言うより「心」があるという方がいいと思う。
 もちろん、丹念に取材しているからこその厚みだとおもうけど、それ以上に作者の中にあるものによるのだろう。
 忘れてしまうんですよね。その時その時の細かな感情って。なんか思い出ってやけに劇的なものになってしまったりして。井上雅彦さんの作品は、その劇的なものになってしまうのをぐっと抑えてるところがある。だからそんな所にものすごく入り込んでしまうのかな。そういうわずかな感情を読みながら思い出してるんだろう。そんなに人って劇的な分かりやすいものじゃないです。

登場人物に、すごく不器用な人がいる。名前なんていったっけかなー。「道」を探してるんですよ。今週のヤンジャン見たら、なんかこれだって言うことに心が決まった感じ。あの人すごく好きです。でも陶芸家のお父さんとのやり取りもなぁ。あそこでもやられたなぁ。

また楽しみが一つ増えた。

<訂正>
井上雅彦→井上雄彦(たけひこ)

ザンショ

九月に入ったとたん暑くなった気がする。

八月は寝苦しい夜なんてなかったのになぁ。今夜もだいぶ暑いですな。
残暑ざんしょ。


以前から写真を展示させてもらっている、水戸駅近くのレストラン「な」
http://daisukepp.blog116.fc2.com/blog-entry-4.html)で、今日からニカラグアのゴミ捨て場で撮影した写真を展示させてもらっています。

前のブログにも、ゴミ捨て場で生活する人たちの写真を載せています。↓
http://daisuke-shibata.blog.ocn.ne.jp/tabinototyuu/nicaragua_managua_/index.html
この中から、全紙3点、半切5点の全部で8点展示しています。

ご飯を頂きがてら、写真にも目を向けて頂けたらうれしいです。

飲み物だけの注文でも全然OKですよと、マスターさんの伝言です。夜はお酒もありますよ~




Copyright © POCO A POCO All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons