トウキョウドキュメンタリーフォト写真展

「トウキョウドキュメンタリーフォト」写真展に参加します。
是非、お出かけください。

以下、公式サイトより↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分たちが撮影した作品を、様々な人たちに伝えたい、その発表する場を作り上げていきたい!これが理念です。

発表・未発表に限らず、フィールドに出て拾い集めてきた声にならない声を、目撃してきた自分しか知らない事実を人々に伝達する事により社会に還元していく。

同じ地球上に存在する自分たちが見えていない世界を再発見する。

社会や他者に還元し伝達する事を、喜び、原動力、生き甲斐として我々は集りました。

ドキュメンタリー写真家の発表の場が極端に減ってきている現状だからこそ、ドキュメンタリーの写真を発表する場を新たに作る事で、社会に新しい視点・風を吹かせる事ができるのではないかと考えています。

ドキュメンタリーとは何か?社会とは何か?

それをみんなで考えて行ける場になれれば良いのではないだろうかと思っています。



●開催日程 / 出展作家
前期
2018年2月13日(火)~2月19日(月)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
安達康介・神永悦史・菱田雄介・丸山耕

後期
2018年2月20日(火)~2月26日(月)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
川畑嘉文・柴田大輔・鶴崎燃・冨永晋

※入場無料



●開催場所
キチジョウジギャラリー
東京都三鷹市井の頭3−32−16−105
http://kichijojigallery.com


「トウキョウドキュメンタリーフォト」HP
http://tokyodocumentaryphoto.com/
スポンサーサイト

INTAG: 命の森を守り暮らす人びと

企画のお手伝いをさせていただいている、エクアドルの環境をテーマとした展示が2月2日より、国分寺で始まります。是非お出かけください。

2月3日にはエクアドルとコロンビアでの経験を元にお話をさせていただきます。お時間ありましたら、こちらも宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<写真展> INTAG: 命の森を守り暮らす人びと

世界有数の生物多様性を誇るエクアドル、インタグ地方。そこに広がる森は圧倒的な生命の豊かさに満ちています。

しかし、その豊かな森の下には銅・モリブデ ンなどの鉱物が眠っているため、露天掘りで丸ごと掘り返されようとしています。

その一方で、そこには鉱山という破壊的開発ではなく有機コーヒーの栽培や エコツーリズムを通してこの森を守り、寄り添って生きることを選んだ人びとが暮らしています。彼らの願いは「自分の生まれ育った故郷で平穏に暮らすこと 」。誰もが抱くであろうこのささやかな願いを叶えるために、インタグの人びとは20年以上に渡って鉱山開発に抵抗し、オルタナティブな発展を求め続けてき ました。

現地の写真家、活動家、農民たちの撮影した写真が描きだす、彼らの愛する故郷の姿を是非ご覧になってください。

・展示期間:2018年2月2日(金)~2月7日(水)

・会場:カフェスロー店内ギャラリー

   〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10
   営業時間:火~金 11:00-18:00 土日祝 11:00-19:00 (定休日:月曜)
   アクセス情報など:http://www.cafeslow.com/

・入場料:展示鑑賞は無料です。インタグのコーヒーも飲める素敵なカフェですので、飲食もあわせてお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<写真展オープニングトーク>
「故郷を想う人々」 ~写真家柴田大輔に聞くエクアドル、 コロンビアの人びとの願い

・日 時:2018年2月3日(土)18:30~20:30(開場17:30)

・参加費:2000円(ワンドリンク付き)※要予約

・会 場:カフェスロー
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10
アクセス情報などは
コチラ→http://www.cafeslow.com/

・お申し込み
お申込みはコチラ→http://event.cafeslow.com/?eid=1081086
またはPARC事務局までメール・電話などでお申込みください。

イベントページ:https://www.facebook.com/events/136328780501411/permalink/138491630285126/?notif_t=feedback_reaction_generic¬if_id=1516574054821371

・トークゲスト・プロフィール:
柴田大輔
1980年茨城県生まれ。2003年日本写真芸術専門学校 II部報道・写真芸術科卒業。
2006年からコロンビアを中心に、ぺルーやエクアドル、メキシコ、ニカラグアなどのラテン
アメリカの先住民族、民衆の社会運動、日常を取材し始める。現在、フリーランスで活動中。

※このプロジェクトは「パタゴニア環境助成金プログラム」の助成を受けています。

<主催・問い合わせ>
特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453 e-mail:office@parc-jp.org

「52年の内戦に揺れた南米コロンビア ある地域指導者の故郷を守る闘い」(週刊金曜日 2017.7.21)

2017年7月21日発売の週刊金曜日に、「52年の内戦に揺れた南米コロンビア ある地域指導者の故郷を守る闘い」を寄稿しました。

2015年に日本に招致した、アワ民族のリーダー、ホセ・チンガルさんの人生と、彼が暮らすアワ民族自治区マグイの歴史から、近年コロンビアでもっとも激しい暴力に巻き込まれた場所の一つとなったある農村の様子を書きました。

是非ご覧ください。

「紛争なき未来へ」(mundi 3月号)

JICA(独立行政法人国際協力機構)広報誌「mundi」2017年3月号に、「紛争なき未来へ」と題して、内戦下にあったコロンビアの農村で暮らして来た住民の、和平へ向かう様子を寄稿しました。

以下のサイトからご覧いただけます。
是非、ご覧ください。

「紛争なき未来へ」https://www.jica.go.jp/publication/mundi/1703/ku57pq00001yjcht-att/14.pdf

「先住民族への迫害が止まないコロンビア 〜半世紀を超える内戦の歴史的和平交渉の陰で」(「週刊金曜日」2016.9.2)

「先住民族への迫害が止まないコロンビア 〜半世紀を超える内戦の歴史的和平交渉の陰で」(「週刊金曜日」2016.9.2)

(↓ サムネイルをクリックすると拡大した原稿をご覧いただけます)

170918_1449_001.jpg