「52年の内戦に揺れた南米コロンビア ある地域指導者の故郷を守る闘い」(週刊金曜日 2017.7.21)

2017年7月21日発売の週刊金曜日に、「52年の内戦に揺れた南米コロンビア ある地域指導者の故郷を守る闘い」を寄稿しました。

2015年に日本に招致した、アワ民族のリーダー、ホセ・チンガルさんの人生と、彼が暮らすアワ民族自治区マグイの歴史から、近年コロンビアでもっとも激しい暴力に巻き込まれた場所の一つとなったある農村の様子を書きました。

是非ご覧ください。
スポンサーサイト

「紛争なき未来へ」(mundi 3月号)

JICA(独立行政法人国際協力機構)広報誌「mundi」2017年3月号に、「紛争なき未来へ」と題して、内戦下にあったコロンビアの農村で暮らして来た住民の、和平へ向かう様子を寄稿しました。

以下のサイトからご覧いただけます。
是非、ご覧ください。

「紛争なき未来へ」https://www.jica.go.jp/publication/mundi/1703/ku57pq00001yjcht-att/14.pdf

「先住民族への迫害が止まないコロンビア 〜半世紀を超える内戦の歴史的和平交渉の陰で」(「週刊金曜日」2016.9.2)

「先住民族への迫害が止まないコロンビア 〜半世紀を超える内戦の歴史的和平交渉の陰で」(「週刊金曜日」2016.9.2)

(↓ サムネイルをクリックすると拡大した原稿をご覧いただけます)

170918_1449_001.jpg

「暴力と隣り合わせで暮らすアワ民族 〜和平交渉の進むコロンビアで」(「週刊金曜日」 2015.6.12)

「暴力と隣り合わせで暮らすアワ民族 〜和平交渉の進むコロンビアで」(「週刊金曜日」 2015.6.12)

(サムネイルをクリックすると、原稿が拡大されます↓)

170918_1448_001.jpg

「武力から言論へ コロンビア革命軍(FARC)が銃を置いた日」 (サンデー毎日 7月9日号)

6月27日発売の「サンデー毎日」で、2、3月に取材した、武装解除への動きの中にあったコロンビア革命軍(FARC)兵士について報告させていただいています。
現地では6月26日に、集合地に集まった約7000人のFARC構成員の武装解除が完了されたと報道されました。偶然同じタイミングになりました。
その一人一人がどういう顔をもているのか知っていただけたらと思います。
ご覧いただけたら嬉しく思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。