FC2ブログ

NHKBS1「 国際報道2018」 に出演しました

NHKBS1「 国際報道2018」 にて、コロンビアでの取材報告をさせていただきました。

和平合意から2年、FARCの武装解除から1年がたったコロンビアで、「和平」からこぼれ落ちる地域の話です。

放送内容のダイジェスト版がサイトにアップされました。
どうぞご覧ください。

https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2018/09/0905.html
スポンサーサイト

「暴力と隣り合わせで暮らすアワ民族 〜和平交渉の進むコロンビアで」(「週刊金曜日」 2015.6.12)

「暴力と隣り合わせで暮らすアワ民族 〜和平交渉の進むコロンビアで」(「週刊金曜日」 2015.6.12)

(サムネイルをクリックすると、原稿が拡大されます↓)

170918_1448_001.jpg

【写真展のご案内】「Voces de Nuestra Tierra ~故郷の声 コロンビア先住民族」

【写真展のご案内】
「Voces de Nuestra Tierra ~故郷の声 コロンビア先住民族」

期間:8/30 (火) ~9/5 (月)  10:30~18:30(最終日は15:00まで)
入場無料 会期中無休
場所:新宿ニコンサロン 〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階 


期間:11/10(木)〜11/16(水) 10:30~18:30(最終日は15:00まで)
入場無料 会期中無休
場所:大阪ニコンサロン 〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階


8月から9月と、11月に、写真展をさせていただくこととなりました。期間中は毎日会場にいるつもりでいます。
お時間ございましたら、どうぞお立ち寄りください。
宜しくお願い致します。

0001のコピー2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コロンビアに通い大分経ちます。日常にない刺激や、好奇心を満たすことが最初の動機でした。沢山の場所と人々に出会いました。20代後半からの僕の生活は、この人と場所に再会することが中心でした。
僕にとっての日常は日本にあります。日々の生活の中でふと思い出します。雨にぬかるむ山道の匂い、晴天の日の風に揺れる木々の葉音、路地に漏れる子の泣き声、まとわりつく湿気、心触れ合わせた人たちの体温—。そんな時、叫び出したいような胸の高鳴りを覚えます。そして、「また会いに行きたい」と思います。
コロンビアは52年に及ぶ内戦の中にあります。極端な社会格差是正を求める反政府ゲリラと政府軍の争いは都市から遠く離れた地で続きました。僕が出会った人々も、その中で暮らしてきました。鶏の鳴き声、服を手洗う水音、コーヒーを片手に交わす人々の会話、日常の音に混じり、時折、銃声、爆発音が山に響きます。
忘れられない一つの風景があります。山奥の集落で学校に居候していたある日の午後。洗濯物を干し終え、授業のない無人の教室で僕は一人でまどろんでいました。山から木を切り出すチェーンソーの音がうっすら聞こえていました。その時、大きな爆発音が山を揺らし、山一つ向こうの谷から煙が立ち昇ります。一呼吸おいて、衝撃波が、うねりとなって森の木々を揺らし近づいてきます。恐怖を感じる前に僕の膝は震えていました。
我に返ると、鳥のさえずりと風の音が耳に入ってきました。そして、チェーンソーの音が、何事もなかったように、山に木霊していました。日常の音です。外から持ち込まれた暴力にも侵されない日常でした。人々の強い意志を感じました。
日々の生活に派手なことはありません。淡々と繰り返される日常こそが、何より大切な守るべきものなのだと僕は感じました。
長すぎた、間延びした内戦が終わりを迎えようとしています。今も繰り返す、外からは見えない日々の暮らしを記録しました。
遠い場所にある、僕と変わらない人々の姿を見ていただけたら嬉しく思います。

古い写真

フベナルさん、ラウラさん夫妻の古い写真が出て来た。
16ページのアルバムに、20枚の写真が納められていた。湿気で大分痛んでいて、画像が判別できない物もあるが、古い時代のマグイのことも知ることができるとても貴重な物だ。

そもそも、僕がアワ民族の暮らすマグイに行くことになったのは、このフベナルさんの言葉が大きなきっかけだった。

二人は避難民として町に暮らしている。
僕はいつも二人の家を旅の拠点にさせてもらっている。
大きな荷物を預かってもらい、必要な物を持ち出して外に出て行く。月に何度か戻って来ては数日滞在してまた出て行く、ということを繰り返している。

二人の家に戻ってくる度に、二人にマグイの話しを聞かせてもらっている。
フベナルさんは病気を患い歩くことが侭ならない。彼が話すマグイの話しは何度聞いても新しい発見がある。紛争に関する話しもそうだけれど、それよりも、彼らが主役だった古い時代の話しを聞くと、その度に僕は胸躍るような気持ちの高ぶりを覚える。そして、作物を作ることが何よりの生き甲斐だった彼が何とも嬉しそうに「あそこは何でも良く育ついい所だったんだ」と話すのを聞いて、どうしてもマグイに行ってみたくなった。

アルバムの写真には、若い頃のフベナルさんが、飼っていた牛を世話していたり、女の子と踊っていたりする姿があった。
これまでに聞いていた話しと合わさって、想像が広がっていく。




20160221150636のコピー
20160214062417.jpg

2月9日 ホセさんと再会

DSC_7840.jpg
「最近、よく餌をねだりに来るんだ」という野生のオームがホセさんの腕にのる。


2月9日 前日についた麓の町からホセさんの暮らすマグイへ向かう。
以前は6時間かけて歩いて行くしかなかったが、少しずつ道が開けて今では大分奥地までバイクが入れるようになった。
バイクを持つ知人に頼んで行ける所まで乗せてもらう。40分程走る。4時間は歩いていた道のりがあっという間だ。
そこから急なつづら折りの山道を登っていく。

2時間ほど歩いく。久々のこの道はキツい。登りきったところに沢がある。ここの水を飲んで一休みするのがいつものパターン。顔を突っ込みガブリとやる。冷たくてきもちがいい。
足を進めると、ホセさんが働くマグイの学校が見えてきた。僕がいつも寝泊まりをさせてもらっているところだ。
敷地内に新しい校舎がたて始められている。

学校に着き、先生、生徒たちに挨拶をして回る。ホセさんの休憩場所となっている敷地の片隅にある用具小屋に行くとホセさんが小さなベットに横になっていた。去年6月以来の再会。あまり久しぶり感はない。ベットの枕元に手製の棚がある。日本で色々な人にもらったお守り、キンカン、サロンパス、置物などなどが丁寧に並べられていた。

日本からの預かりものを渡す。愛知で作った瀬戸物が二つ。1つにひびが入ってしまっていた。瀬戸物を作ったときのビデオを家族で見ていて楽しみにしてくれていたのに申し訳なかった。

夕方、授業も終わり、その日はホセさんの家に一緒に行くことに。一晩泊めてもらう。
妻のロサさん、孫たちにお土産を見せながら、それをくれた人たちとの思い出を話すホセさん。僕があげる各地で出会った人の名前を聞くと、すぐにその人との思い出が口をついて出てくる。こういうところがこの人の凄さなのだなと思う。

最近は、自宅にオームが良くやってきて餌をねだってくるのだと嬉しそうに話してくれた。
それと、自宅裏に作った池で魚を育てているのが順調だそうだ。
今日は再会のお祝いだと、魚を振る舞ってくれた。近所の友人も混じって、食後はビールと土地の酒を飲んだ。
12月から停電が続いていたらしいが、この日、うっすらと電気が灯った。電圧が安定せず、その直後に急に明るくなったと思ったらまた切れてしまった。蝋燭の明かりのもとで会話が弾む。小便をしに外に出ると、夜空を埋め尽くす星々。月は出ていないのに足下が明るい。

また飲み続けるも、不覚にも、途中で猛烈に眠くなってウトウトしてしまった。
エンジンがかかってきたホセさんにつき合いきれなくなってしまい、ダウン。

隣の集落に政府軍がキャンプをしているが、この一年程は戦闘は起きていない。
最近は政府と和平交渉中のゲリラFARCは、この地域から少し離れたところに移っている。
それに変わって、もう1つのゲリラELNがこの近くに入ろうとしているという話しがある。

会話の中で、そんな話題も出た。



DSC_7723.jpg
ホセさんが働くマグイの学校。ここにいつも僕は寝泊まりしている。